会長挨拶

会長 長谷川兼一ご挨拶

会長写真

 山形県は『健康長寿やまがた』の実現を目指しています。健康に暮らし続けるためには,日常生活の基盤ともいえる住まいの環境を整えることがとても重要なのです。今まさに,『住まう人々に安心・安全・やすらぎを与え,将来を担う子供達や高齢者が笑顔で暮らせる住宅』,さらに『環境に優しく,省エネルギーに貢献できる住宅』の普及・促進に力点をおくべき時機といっても過言ではありません。このような中,健康に暮らしながら省エネルギーな住宅の実現に積極的に取り組み,志の高い県内の地場工務店・建築関係者を中心として,やまがた健康・省エネ住宅推進協議会を発足いたしました。
 やまがた健康・省エネ住宅推進協議会は,地元の事業者が地域材を優先的に使用して“健康”と“省エネルギー”に関し質の高い住宅を供給します。また,医療・福祉機関や研究機関等と連携しながら,高齢者等の健康にかかるデータの収集・分析等を行い,住まい手の健康に資する住宅を供給する仕組みを構築し普及する活動を継続して参ります。やまがた健康・省エネ住宅推進協議会の活動が,県民の皆様の健康と住宅の省エネルギーに関する課題を解決し,その結果,医療介護費の抑制,山形県の活性化に貢献するものと確信し,積極的に活動して参ります。